古民家好きのための本(古民家解體新書Ⅱ公式サイト)

【ご注意とご案内】
Amazonなどで定価を超える金額で当書籍が販売されております。
「古民家解體新書Ⅱ」は当サイトで定価購入が可能ですのでご注意下さい。

古民家解體新書Ⅱとは

価格:6,780円(消費税・送料込み)
発行:一般社団法人住まい教育推進協会
発売:出版文化社
著者:川上幸生
全672ページ
ISBN978-4-88338-582-9

古民家が好きな方に

各地域での古民家の特徴、楽しい豆知識などが満載!
専門的な知識が無くても楽しんで頂けること間違いなしです。
古民家に住んでいる方だけでなく、古民家カフェでのんびりするのが好き、田舎暮らしに憧れる方にお勧めです。

古民家暮らし、商業店舗や民泊を考えている方に

古民家と長く付き合うためには古民家の特性やデメリット、改善方法を知ることが大切です。
特に古民家の修繕やリフォーム、耐震補強について間違った知識を元に進めてしまい後で取り返しの付かないことになることが実は多いのです。
この書籍は、古民家と長く付き合うための知識が詰まった一冊です。
古民家暮らしや商業店舗の利用、古民家を活用した民泊を考えている方に特にお勧めです。

購入者の声

購入後に頂いたメールの一部をご紹介します。

大阪府 F様

田舎暮らしや古民家に昔から憧れがあり移住を真剣に考えていました。
手頃な古民家があったので、購入してリフォームしようと思って色々調べると「古民家は今の住宅と造りが違う」「知識の無い業者に任せて失敗した」という情報がありました。
とりあえず古民家の知識を身に着けて業者とやり取りした方がいいのかなと思い更に色々調べ、この本を見付けました。
値段が高いな、でも専門書だし仕方ないか・・と思いつつ買いましたが、届いた本が分厚い!
まずは必要な部分だけと思って読んでましたが、地域ごとの特徴や古民家に隠された工夫など知識が身につくのが楽しくて気付けば全部読んでました。
知識を身に着けてから改めて古民家を探すと、今まで見なかった視点で古民家を探すようになり、あれもいいなこれもいいなと楽しい悩みが増えました。

東京都 N様

古民家が好きで、名前に惹かれてなんとなく購入しました。
古民家の専門書とのことだったので難しいかもと思っていましたが、細かい解説があったり、用語の索引もあってとても分かりやすかったです。
全部を読んだわけではなく興味がある部分だけ読みましたが、実家(古い家)に住んでいる親にも教えたいことがたくさんありました。
古民家の資格の教本にもなっているみたいなので今度チャレンジしてみようと思いました。

内容について

著者のサイトで巻の参までの内容を一部公開しておりますので是非ご購入前の参考にご覧下さい。

巻の零 陰翳礼讃
・谷崎潤一郎氏の陰翳礼讃の紹介
・古民家の特徴や考え方について

巻の壱 古民家について
・建築工法の種類
・古民家の歴史
・免震的構造と耐震的構造
など

巻の弐 環境問題
・日本の取り組み
・水に関する問題
・伝統的建物群保存地区
など

巻の参 古民家の各部位
・礎石の材質と形状
・庭の構成物
・箱木家住宅
など

受験可能資格のご紹介

古民家解體新書Ⅱがテキストとして採用されている資格についてご紹介いたします。

古民家鑑定士

内閣府認可一般財団法人職業技能振興会により、古民家の評価をすることを目的に創設された資格で、伝統構法並びに在来工法を理解し、古民家で培われた日本の気候風土に合った持続可能な住環境を次世代に継承していく為の知識と経験を兼ね備えていることを証する資格です。古民家の調査、再活用の提案や、古民家鑑定書を発行する業務などを行うことができます。
>> 詳細はこちら

伝統再築士

再築基準検討委員会の答申に基づいて策定された再築ガイドライン(再築基準)に基づき、文化的価値の高い伝統的な木造建造物を残す為の専門の知識を有することを証する資格です。古民家の事業を始めたい方、古民家を残す取り組みをしたいという方、古民家を扱いたい建築士の方を対象とした専門資格です。
>> 詳細はこちら

古民家簡易鑑定・古材鑑定士

古民家に使用されている古材の価値を専門的立場より評価するための知識を有することを証する資格です。古民家鑑定士が古民家の鑑定を行い再活用のご提案を行うのに対し、古民家簡易鑑定・古材鑑定士は古民家の部材(古材)の価値を鑑定するため解体業を営まれる方も多く取得されております。
>> 詳細はこちら

新民家プランナー

新民家とは、これから建てられる木造住宅で50年後に「古民家と同じく長期間住まい続けることが可能な新築木造住宅」を指します。
新民家プランナーは、長期耐久性を持つ住宅について古民家から学び、新民家をユーザーにご提案する資格です。
>> 詳細はこちら

『體』について

「古民家解體新書」の「體」という文字は、杉田玄白の医学書「解體新書」と同じく骨に豊という文字を使わせて頂いております。

「體」という字は、全体を自然なる形として成立させる根本で、かつ形として生じている様を示すという意味で、表面的な意味と内面的な本質を示す意味の二通りを持っています。
古民家の骨組みは現在の住宅に比べ大きく立派な構造でもあり、古民家という日本の住文化の構造や仕上げを学ぶとともに、未来の子どもたちのために残していきたいという内面的な願いも込めて付けさせて頂いております。

しかし、旧字であり一般的とは言えないため「体」という字でも併記し、書籍名の登録に関しては「古民家解体新書」と表記させて頂いております。

著者 川上幸生

ご注文方法

ご注文情報の送信
ご注文フォームより、ご注文情報を送信下さい。

※FAXでのご注文は、ご注文書をダウンロードしご注文下さい。古民家解體新書Ⅱご注文書

代金のお支払い
お申込み頂きましたメールアドレス宛に、代金の振込口座を記載しておりますのでATMなどからお支払い下さい。
※1冊の代金(6,780円)は送料と税額を含みます。恐れ入りますが振込手数料はご負担下さい。
Gmailなどは迷惑メールフォルダに振り分けられる場合がございます。お手数ですがメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認頂き、見当たらない場合はお電話(03-6890-0989)でお問い合わせ下さい。

お受け取り
お振込の確認後、ヤマト運輸で古民家解體新書Ⅱを発送いたしますので受け取りをお願いします。

更新日:

Top

Copyright© 古民家の専門書「古民家解體新書Ⅱ」公式サイト , 2018 All Rights Reserved.